佐原おかみさん会

イベント紹介

日本語 / English

さわら・町並み・竹灯り

「竹灯り」は15年間行ってきた夏の夕涼みイベントの延長線上にあります。

「浴衣で楽しむ灯りと音」というテーマで佐原の風情を広く知っていただくために、町をろうそくの灯りで照らし、灯ろう流し佐原囃子手踊り、演奏などの披露を行ってきました。

灯りは試行錯誤を重ねてきた中で、5年前、熊本の「竹灯り」を市の観光協会や観光課、NPO団体など日頃一緒に活動している関係者と九州へ竹灯りの視察に行きました。それをきっかけに竹灯り演出家「ちかけん」との出会いがあり、その灯りのすばらしさと自然との共存共栄の考え方に感動し、5年前から私たちも竹灯りに挑戦。「自分たちの町は自分たちで照らそう」を合言葉に力を合わせて活動しています。

2020年 さわら・町並み・竹灯り

★イベント内容★

今年は「未来への竹灯り チームかとり」と共催で令和2年7月23日から26日に開催いたします。
きめら船着場付近や上川岸小公園にも竹灯りを置き、小野川沿いを中心に竹灯りを灯します。「かなえ広場」には、めぐみ保育園、佐原幼稚園、佐原保育所、佐原小学校1年生の皆さんの絵の灯りのタワーも設置します。

例年、大きな行灯には鹿島禮子水墨画教室の皆様の水墨画が描かれ、小さな行灯には佐原高校書道部と美術部の皆さんの作品を使わせていただきます。小野川のだしにもオブジェと行灯の灯りでライトアップします。

なお、今年は新型コロナ感染予防のため、「夢灯ろう流し」「ナイトマーケット」「下座演奏」「浴衣の無料着付」「ナイヤガラ花火」は行いません。


★駐車場のご案内★

山車会館駐車場は終日無料。町並み観光駐車場きめら駐車場は17時以降無料で駐車できます。連休中は混み合うことが予想されますので、駅裏の有料駐車場「佐原駅北駐車場」もご利用ください。



★希望の竹灯り★

佐原の大龍寺様の竹をいただき、おかみたちが竹灯りを作りました。それを佐原まちぐるみ博物館や協力店舗の店頭で灯します。
希望の竹灯りは1,000円で協力店舗にて販売しております。以前のイベントで使用した竹を炭にした「たけたん」と期間中(7月23日~26日)使用できる地域振興券300円とろうそくのセットです。どうぞご協力ください。また、イベント中、「たけたん」は500円で地域振興券300円付きで販売しております。

こちらの通販サイトからネット販売もしております。「お守り瓦」とのセット販売です。佐原でご購入される場合と料金が違います。ご了承ください。

竹灯りとは

竹灯りとは、切った竹に様々な大きさの穴を開け、内側に光を灯した作品です。『佐原・町並み・竹灯り』では、小野川沿いを中心に、長いもの短いものを合わせて毎年1000本以上の竹を明かりにしています。

作業風景

力仕事も多い作業です。おかみさん会のメンバーだけでなく、地域のみなさんの協力も得て、共に作り上げています。

竹灯りに使う竹は、竹山の保全のために切り出した物を利用しています。

使い終わった竹は竹炭にして、参加されたみなさんにプレゼントしています。

ワークショップ

竹の穴開けは、ワークショップなどで一般のみなさんにも協力をいただいています。

ワークショップは香取市佐原だけでなく、神崎町・栄町・芝山町・成田空港など近隣の市町村でも行っており、広く地域全体で作り上げています。

チームかとり

「未来への竹灯り チームかとり」として、地域の各団体や個人が連携したチームを結成しました。竹灯りのイベントを、町をあげての地域の催しとして今後ますます育てていきます。

Facebookページ「未来への竹灯り チームかとり」

他のイベントを見る